2012年08月16日

まっ、色々有って・・・・

(。-`ω´-)ンーかなり長い事ブログの更新をしていない・・・・

たぶんしばらくはむりだろう・・・・

と言う事でブログを整理整頓してみました。

今後の更新予定は無いです。
(;´・ω・`)ゞごめんなさい

posted by 味噌親父 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | (。´д`) ン?何だろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

確認(ビビリながら)

少し前にインターネットを検索していると、白味噌の熟成期間は、早いものだと1ヶ月未満で食べられる様な事が書いていた。

んじゃー、前回仕込んだ白味噌も、約1ヶ月経った事だしぼちぼち食べれるかしら?と思って、様子を見てみました。

(。-`ω´-)ンーあんまり熟成してないかな・・・・

10040001.JPG


とりあえず、味見と天地返しをして、

10040002.JPG


もうチョット熟成させたいので、表面を平らにして、ラップを置いて、丁寧に空気を抜く。

10040003.JPG


んで、最後に周りについた味噌をきれいに拭いて終了!!

10040004.JPG


味見をしてみた感想は
1・まだほんの少し早いかな
2・麹がいっぱい入って甘い!!
3・だけど塩が多すぎたかな?(チョットしょっぱい様な・・・・?)
4・チョット水分が足りなかったかな?

といった感じでした。


さて、本日は、前回大変な事になっていた味噌(↓これね)と

09060008.JPG


白味噌と一緒に仕込んだ味噌の確認をして見ます。

先ずは、白味噌と一緒に仕込んだ味噌

10040007.JPG


写真では分かり難いかもしれませんが、白味噌よりも熟成してる様に見えました(実際には味見をしてないから判りませんが)。
きっとこれが“木樽”の実力(・∀・)

さて、続いて前回えらい事になっていた方は・・・・

10040008.JPG


イイネ♪d('∀'o)かなり良い感じです。

カビも生えていないし、色も良い感じです。

だけど、樽の下に敷いた新聞紙がカビていたのと、味噌の“たまり”とおぼしき物が漏れてました。
10040012.JPG


カビの原因は、おそらく樽がベッチョベチョたらーっ(汗)に濡れたまま置いておいたせいだと思います。

“たまり”とおぼしき物が漏れていたのは、樽の使用前の放置期間が長くて、樽に小さな“隙間”が出来ていたのでは?と思います。

ゥ──σ(・´ω・`;)──ン
今日はチョット長すぎたね・・・・と思う味噌親父であった。
posted by 味噌親父 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り味噌が出来るまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

天地返し〜“外伝”

この前、味噌を仕込んだときにやるべきことを忘れてました・・・・
しかも、これで2回目。

何を忘れていたのかと言うと、“天地返し”である。

味噌を“蔵出し(?)”するために、保管場所のムロを開けて気が付きました・・・・うーん、前回もこんな感じだったような・・・・

最近、“木樽”を使う事ばかり一生懸命で、少し樽んで・・・・ぢゃなかった、たるんでるようです。

ぼけてても仕方がない。
蔵出し天地返しするぞ!!

と言う事で、密封容器(この味噌は、木樽仕込ではない)を開けて、中身の確認。

1個目は・・・・┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キ
おっラッキー!!カビてないよ。(嬉しくて写真撮り忘れた・・・・)

2つ目はと・・・・

09140003.JPG

こっちもカビてませんでしたルン♪ (≧▽≦) ルン♪(光って見えるのはラップです)

さて、どちらの味噌を蔵出ししようか・・・・?
1の味噌は去年の9月に仕込んだ米味噌、2の味噌は、去年の5月に仕込んだ麦麹と米麹の“ブレンド”

ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)・・・・よし、1にしよう!!
と言う事で

09140002.JPG

最近なんだか、味噌を仕込む時期と食べる時期のタイミングがおかしいな・・・・?とか思いながら詰め替えました。

ちなみに、写真でもわかると思いますが、5月の味噌の方が、赤味が強いです。
9月の味噌より熟成期間が長いせいもあるんだろうけど、おそらく、麦麹が影響してるのでは・・・・と思う味噌親父であった。

posted by 味噌親父 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り味噌が出来るまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

手作り味噌が出来るまで 8−反省と改善

本来、味噌樽には、外蓋は付かない物らしいので、木樽で味噌を仕込むのに、それが漬物樽でも“外蓋”はいらないのかもしれないが、やっぱり、外蓋は付けたい。
と言う事で・・・・


09070001.JPG

完璧に外蓋が浮いてます・・・・
それでも、無いよりはましだろう(くどいようだが、本来外蓋は付かない)と言う事で、浮いた状態で外蓋をつけた。

ここでの反省点
1 樽の中の味噌の量を調制すべきだった!
2 味噌の水分が多かったかも?
3 やっぱ、面倒くさがらずに、味噌用の樽を使うべきだった。

前回の味噌作りから、今回の味噌作りにかけて、天地返しを6ヶ月もしなかったせい(?)でカビが大量発生↓してしまった件

09060008.JPG



反省と改善

1 3ヶ月以内に天地返しを行おう!!
2 落し蓋と、樽の間の隙間に、前回よりも多目の塩を入れてみた


09070004.JPG


解り難いかも知れないが、写真向かって右の白い部分が塩。
前回より、ほんの少し多いかな・・・・(?)


美味しい味噌が出来ますように・・・・
ただただ、祈る味噌親父であった。
(*´゚艸゚`*)まぃぅ〜♪
posted by 味噌親父 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り味噌が出来るまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

手作り味噌が出来るまで 7

今回造る味噌は2種類
一つ目は、いつも通り、大豆と麹が同量の味噌。
使う容器は、いつもの味噌は9リットルの漬物用の木樽(味噌用より背が低くて使いやすい)
分量は
大豆約 2,4キロ
麹 約 2,4キロ
塩 約   1キロ
完成重量約9キロ

もう一つは、極々少数ですが、初めての試みの“白味噌”。
使う容器は、普通の密封容器(適当な物がなくて・・・・)
分量は
大豆約 200グラム
麹 約 400グラム
塩 約 120グラム

完成重量約1キロ

と言った感じ
作り方は・・・・
前回(3月)とさほど変わらないので
手作り味噌が出来るまで 1

手作り味噌が出来るまで 2
を参照してください。
で、今回は、前回の仕込みで紹介しなかった部分を中心に。


09060042kai改.jpg

いつも、買ってる麹に貼ってるシール。
2,8キロの麹を買って、2100円だったので、1キロだと750円ぐらいかな?
頼むと、大豆も一緒に売ってくれるので、味噌造りに興味のある人は電話をしてみては?(イタデンとかしないように)
ちなみにホームページ
中山酢醸造


09060015.JPG

買ってきた麹はの写真のような“板状”の塊が多くて、これと、塩を混ぜるのは大変です。

味噌作りは、着々と進みましたが


09060023.JPG

左の樽に、右の味噌(にこれからなる物)が入りきるだろうか・・・・?

09060025.JPG

どおやら入ったようなので、表面と、樽の内側に塩をふりかけて(カビるのは怖いけど、ラップはしない)、蓋をすると・・・・

09060027.JPG

落し蓋が入んない(。-`ω´-)ンーまー、良いか。

09060028.JPG

と言う事で、紙をかけて、しばらくは
(人-ω-)゚*。★おやすみなさい★。*゚(カビませんように)

さて、白味噌の方ですが、ちょうど良い入れ物が無くて


09060038.JPG

このザマです(´ェ`)ン-・・入れ物が大きすぎた!!(ちなみにこちらは、量も少ないし、失敗もしたくないので、表面に、ラップをかけます)
しかたが無いので、余った落し蓋を乗せてみました


09060040.JPG
色々考えた挙句、この落し蓋は、やっぱり、木樽の味噌に乗せました。
落し蓋の取っ手に外蓋が乗っかっちゃて、隙間だらけです。
やっぱり、味噌ようの樽に仕込むべきだったのか?

*反省と改善点も有るけど、またの機会に・・・・
posted by 味噌親父 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り味噌が出来るまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アフィリエイト 消費者金融

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。